審査を受けずにお金を借りる方法はあるのか

「審査を受けずにお金を借りる方法があったら良いのに」と思ったことがある方はいらっしゃるかもしれません。
過去に金融業者を利用した方で、何かしらのトラブルを起こして業者たちのブラックリストに載せられた「金融ブラック」と総称される方々がいます。
そういった方々に向けて「無審査」などを売り文句としている金融業者は、探せばきっとあるでしょう。
それらの業者が「まとも」であるかどうかはさておき、実際にお金を借りる条件はより劣悪なものであることは間違いないでしょう。


ちゃんとお金を借りる方法を見よう

上記の理由から、「審査を受けずにお金を借りる方法」を実行に移すのはおすすめしません。
審査という言葉がとても厳しく見えるかもしれませんが、確認することは大きく分けてたった2つです。
顧客の返済能力が希望利用額に見合っているかどうかと、信用情報機関への問い合わせです。


返済能力の有無と信用情報

返済能力は、主に収入と勤務年数、居住年数から評価されます。
安定した収入があるか、夜逃げなどをしないかどうかを見るためです。
信用情報機関とは第三者機関で、顧客が金融業者を利用した履歴をすべて記録しています。
そのため、顧客の履歴はすべての金融業者に筒抜けとなっています。
過去にトラブルがあれば審査は厳しくなりますが、トラブルなく利用していた記録があれば信用度が上がります。

具体的にお金を借りる方法

具体的にお金を借りる方法は、大きく分けて2つあります。
1つは、店頭窓口で直接審査を受けて通り、キャッシングやカードローンをもらう。
もう1つは、インターネットで間接的に審査を受けて通り、指定口座などに振込をしてもらう。
それぞれの説明をする前に、共通することがあります。
審査を受ける際には必要書類があります。
免許証などの本人確認書類と、金融業者によって収入証明書の提出を求められます。
お金を借りる方法にばかり目を向けて、忘れないようにしましょう。


直接お金を借りる方法

必要書類を持参します。
直接の場合は、出来る限り誠実な印象を与えられるように外見にも気をつけなければいけません。
金融業は信用で成り立っているので、お金を借りるためにも信用されるよう努力しましょう。
審査に通ることが出来れば、その場でキャッシングを受けることやカードローンを発行してもらえることが出来るでしょう。


間接的に借りる方法

理由は様々あると思いますが、店頭窓口に行くのが難しい方に向いています。
間接の場合でも書類は必要になります。
インターネットで申し込むのであれば画像をファイルとして送付。
無人契約機で申し込むのであればスキャナーで取り込むことにもなります。
不明な点があっても、電話でオペレーターに聞くことができるので安心です。

時間がない方向けのお金を借りる方法

お金を借りる方法を見つけるためには、ご自身のことを見つめなおさなくてはいけません。
特に、時間がない方は落ち着いて冷静になる必要があります。
お金は借りたら返さなければなりません。
遠足と同じです。
「家に帰るまでが遠足だ」というように、「お金を返すまでが借入だ」と言えます。
ですから、借りることだけではなく返すことも、同じかそれ以上に考えなくてはいけません。


返す方法にも目を通そう

現在では、店頭窓口のような直接お客様をご案内するサービスの他に、インターネット契約や無人契約機などの間接的にお金を借りることが出来るサービスがあります。
時間に余裕がない、あるいは忙しい方はお金を借りる方法ばかりに目を向けがちです。
肝心の返す方法にも、同じかそれ以上の時間をかけて目を通しましょう。


時間がない方向けのお金を借りる方法

「最短〇分審査」「即日融資」などのサービスを提供している金融業者を利用して、出来るだけ早くお金を借りるにはコツがあります。
通常は、必要書類を店頭窓口や契約機に持ち込んで審査をされると思っていらっしゃるかもしれませんが、審査を先にインターネットで済ませてしまいましょう。
こうすることで審査の待ち時間中に移動することが出来るので、更なる時間の短縮が出来ます。

お金を借りる方法を探す前に

お金を借りるのに金融機関を利用するのは初めてでしょうか?
初めてでない方もいらっしゃるかもしれません。
どちらにせよ、まずは金融機関を頼る必要があるのかをしっかりと考えます。
お金の問題を人に話すのは気が引けますが、身の回りに頼れる人がいるのであれば相談してみることも一つの勇気です。
借りたのはいいものの、返済が滞ってしまったり返せなくなってしまったりしては本末転倒です。
それをふまえた上で、お金を借りる方法を考えてみます。


お金を借りる方法は多様化している

あなたが思っているよりもお金を借りる方法は多くあります。
ひと昔前までは、事業主が銀行からお金を融資してもらう、といった敷居の高さでした。
しかし現在では、個人でも様々な手段でお金を借りられるようになりました。
さらに言えば、個人が銀行からお金を借りることが出来ます。


敷居は下がり続けている

前置きでは少し厳しく言いましたが、現在は気軽にお金を借りられるようになりました。
店頭窓口だけでなく、指定口座への振込、カードローン、インターネット完結契約、無人契約機など、お金を借りる手段は多様化しています。
同じように、昔は事業主だけが対象だった借入が、正社員からアルバイト・パート、学生まで広がっています。